綱島地区センター資料と回覧版

 1.綱島地区センター資料

バドミントンで、月に1度程度のペースで訪れている綱島地区センター。
ふと、たくさんのチラシや広報紙に目が止まり、軽くつかみ取りしてきました。
どんな資料が手に入るのか、このページで簡単に紹介したいと思います。

綱島地区センターは、第3月曜休みで、その他の日は9時〜21時。
日曜日のみ、17時まで。駐車不可、駐輪可。
バス停「別所」から綱島方面に向かい、「北京亭」という中華料理屋の正面、
バス通りの向かい側の上り坂に入って、つきあたりの手前右手です。

地区センター1階部分は、受付、体育館(基本的には、卓球とバドミントン)、図書スペース、
学習スペース、ソファのあるロビースペースなど。体育館内以外は基本的にとても静かです。
2階にカルチャー教室のスペースがあるようで、ときどきお婆さんの歌声が聞こえてきます。
「ユウスケって横浜美術館行ったことないらしいよ。」「美術の成績悪かったからな。」       「ひよこ」に参加したいバブ!いくらちゃんじゃないバブ!       「ゴミ減量、体重減量、お金の無駄遣いも減量。で、夫の愛は増量?        「いきいきハワイライフのためにはフラよ、フラ!」        「パソコンわからないわー。そうだ!地区センターに行って、市民パソコン講座があるか調べにいこうっと!」


一般情報
横浜美術館 市民のアトリエ講座案内 いきいきシニアライフのために
桜木町の横浜美術館で行っている、市民向け講座のお知らせです。たとえば、’03年9月から12月の期間での10日間コース「オーソドクスな木の椅子を作る」があります。定員15名。受講料は、2万1千円+材料費8千円です。
横浜美術館HPへ


港北区生涯学級「いきいきライフ」運営委員会が主催する生涯学習講座案内です。「シニアのおしゃれと健康」「介護保険と高齢者住宅」「インターネットの魅力について」など。定員30名、参加費は全5回で1,000円。
「こうほく」 パンダに参加してみませんか
港北区役所広報発行の広報紙。A4版/表紙を入れて8ページ。有用な情報ばかりです。保存版で、健診と予防接種のお知らせも挿まれていました。交通安全の標語募集で、高田小学校2年生の男の子が金賞受賞という報告も!「とめないで そこはぼくらの とおるみち」。路上駐車のことですね。それを見越した道路が作られているとしか思えませんが…。ちなみに、平成15年8月1日現在で、港北区の人口は305,015人。世帯数は137,988世帯。
港北区HPへ


区役所会議室における、2歳の幼児対象の家庭教育学級イベントのお知らせチラシ。全8回。「びりびりやぶって新聞紙」「親子でファイト」(何やるんだろう…)など。参加費2,000円。
はまごみフォーラム ひよこに参加しませんか
横浜市環境事業局発行の広報紙。ゴミの減量のためのさまざまな広報活動記録などが掲載されています。ちなみに、平成14年に横浜市が処理したゴミの量は163万8千トンで、横浜ランドマークタワー約12杯分だそうです。
横浜市環境事業局HPへ


区役所会議室における、1歳の幼児対象の家庭教育学級イベントのお知らせチラシ。全7回。「新聞紙で遊ぼう」「ごはん大好き!」など。参加費1,000円。
はまごみ減量行動虎の巻 生涯学習のご案内
横浜市環境事業局減量推進課発行。「減量推進」のあたまに「ごみ」をつけないのは何故か…?ごみを減らす秘訣がいっぱい書いてあります。大きな字で、イラストもたくさんあって分かり易いです。たとえば「食べ残しをしない」。これ、以前CMでやっていて衝撃だったんですが、日本人は、輸入しているのと同じだけの食料を食べ残しているんだそうです。つまり極論をいえば、輸入しなくても十分食べてはいける、ってことですね。当然といえば当然ですが。 生涯学習講座の案内です。A4普通紙片面1枚の、本当に簡単なチラシ。ワープロで作ってあるように見えます。地味ですが、講座は面白そうです。元「エコノミスト」編集長、有隣堂取締役社長、立命館大学客員教授などによる講演が毎週続きます。定員80名、全7回で受講料3,000円。時間と内容を考えると、安いと思います。
ヨコハマ文化情報 横浜人形の家
横浜市芸術文化振興財団発行の情報誌。定期購読までできちゃいます。’03年9月の特集は、市営地下鉄「踊場」の駅名由来。なんだか、見た目のわりにイベントの情報量がすごいです。例えば、’03年9月19日(金)、横浜みなとみらいホールにて、神奈川フィルハーモニー管弦楽団第198回定期演奏会。ベートーベンの「運命」「英雄」を演奏してくれるようです。「英雄」って確か、ナポレオンを尊敬して作曲したのに、彼に失望してタイトルを変えた、とかって聞いたことがあるような。
ヨコハマ文化情報HPへ
山下公園そばにある「横浜人形の家」のチラシです。人形劇、創作人形展など、こまめに色々やっています。有料駐車場もあるし、送迎バスもあるみたいですね。入館料は大人300円。20人以上の団体で250円。ついでにカレーミュージアムの広告まで載ってます。13店舗あるんですね。なかなか行く気にならないのはどうしてだろうか・・・。
横浜人形の家HPへ
横濱カレーミュージアムHPへ
地下室マンションアンケート 食品衛生Q&A
質問は2つ。「通常3階までしか建たない低層住宅地の斜面地において、実質的な中高層マンション(地下室マンション)が建てられることについでどう思うか」「横浜市が、地下室マンションコントロールのルール作りに着手したことについてどう思うか」。近隣に住んでいる人以外は、なかなか関心持てないんじゃないでしょうか。このアンケートで初めて聞きました、「地下室マンション」。
横浜市建築局建築企画課HPへ
横浜市衛生局の広報媒体。遺伝子組換え食品、食肉の新しい表示、BSEの原因と対策についてなどの記事です。O157のことにも触れてます。菅直人さんがカイワレ食べてましたよね。’96年だったかな。ってことはあれからもう7年!Time flies...
横浜市衛生局HPへ
横浜市歴史博物館情報 粗大ごみ納付書
センター北駅下車徒歩5分の場所にある、横浜市歴史博物館の広告。ペリーにまつわる資料展の案内です。ほんっとにびっくりしたでしょうね、ペリー来航ではじめて白人をみた日本人は。思うんですけど、大人になってからはじめてキリンやゾウをみたら、もんのすごい驚くと思うんです。って独り言でした…。毎週月曜は休館日なのでご注意を。
横浜市歴史博物館HPへ
そのままです。粗大ごみ処理手数料は200円。収集の申込をしてから指定の金融機関で振り込むんですね。そして収集シールを「品物」にはるように、と書いてあります。ごみを「品物」と呼ぶんですねー・・・。
粗大ごみ受付センター
電話番号 045-312-0053(おおごみ)(笑)
受付時間 月〜土(祝日含む)
       午前8時半〜午後5時
回覧版ページへ⇒
ご意見、体験談は掲示板へ!⇒