南武線と横須賀線

幸区を通る南武線と横須賀線について、素人レベルですが簡単にご紹介。
(↓Gootaさんがわざわざ作ってくださったオリジナル路線図です!感謝感激雨あられ)
矢向駅周辺路線図(Designed totally by Goota)


南武線
■概要
 ・川崎―立川間(55分/620円)
 ・総延長35,5km
 ・駅数25
 1927年(昭和2年)、川崎―登戸間で開通
■停車駅
 川崎―尻手―矢向―鹿島田―平間―向河原―武蔵小杉―武蔵中原―武蔵新城―武蔵溝ノ口
 ―津田山―久地―宿河原―登戸―中野島―稲田堤―矢野口―稲城長沼―南多摩―府中本町
 ―分倍河原―谷保―矢川―西国立―立川
■コメント
 東横線で生まれ育った管理人としては、本数の少なさ、車両の少なさが非常に気になってしまいます。
 武蔵小杉―川崎間の利用がほとんどですが、川崎に入る直前以外はつりかわにつかまらなくても
 普通に立っていられるのはいいところかな、と思います。出口が武蔵小杉から尻手まではずっと
 同じなのもいいと思います。でも、矢向から川崎まではぐるーっと回る感じで、ちょっと損した気持ちに
 は、ならなくもないです。向河原にNEC専用ホームがあるのは、面白いですね。良いと思います。
 とにかく本数を増やしてもらえれば、文句は何もありません。
尻手駅 矢向駅 鹿島田駅
平間駅 向河原駅 武蔵小杉駅
武蔵溝ノ口駅 久地駅 登戸駅


南武線踏切
川崎駅近くの踏み切りで

横須賀線
■概要
 ・東京―久里浜間(東京―大船:47分/780円、大船―久里浜:36分/380円)
 ・総延長70,4km
 ・駅数18
 ・1889年(明治22年6月)、大船―横須賀間で開通
 ※正式には大船―久里浜間のみが横須賀線
■停車駅
 東京―新橋―品川―西大井―新川崎―横浜―保土ヶ谷―東戸塚―戸塚
 ―大船―北鎌倉―鎌倉―逗子―東逗子―田浦―横須賀―衣笠―久里浜
■コメント
 実はほとんど利用したことがありません。横浜から鎌倉に出る時のみの利用で、
 横浜市港北区、最寄駅でいうと東急東横線綱島で生まれ育った管理人ですが、
 横須賀線を利用したのはおそらく生涯で10往復ないと思われます。(2003年現在)
 イメージとしては「大きい」「綺麗」「ボックス」といったところです。

幸区交差点BBS
ぜひ書き込んでください!
情報や、個人的な思いなど、お寄せください。