幸区交差点デジカメ散歩

第50回

「稲毛神社でお正月」

06年1月。川崎区の郵便局前にある稲毛神社へ。


−30分くらい並んだ。
寒くて寒くて大変だった。
特につま先が大変だった。

みんな、何をお願いしたのかな。
みんな、いくら投げ入れたのかな。

そういえば、僕は何をお願いしたんだったっけ…。
−お正月は、空が高くて広い気がする。

それは、気持ちが高くて広くなってるからかも。

たぶん。
−森には、何かが潜んでいる。
そして、密かに護(まも)っている。

そこにある土と、風と、水と、心を。

だけど人は、護られていることに気づかない。
いや、一度知っても、忘れてしまう。
そして罪を繰り返す。

愚かな歴史を繰り返すのと、同じように。

そうして、死んでしまうんだ。
森をも道連れにして。
−絵馬(っていうのかな?)があった。
色んなセレブリティさんの手によるものだ。
たくさん並ぶ絵馬を見て思ったことは、ただ一つ。

「字は、綺麗な方がいいね」

ところで、「セレブ」という言葉は、
英語では「セレブリティ」で、「有名人」という意味。
お金持ちという意味ではない。勝ち組という意味でもない。
−猿から人間に進化を遂げたのは、
火を自ら制御し始めた、その時からだという。

人間はこの火と共に歩んできた。

料理の幅を広げ、
清少納言の部屋を暖め、
汽車を走らせてきた。

しかし一方で、

町を焼き、
書物を焼き、
国家を焼いてきた。

火に制御される時、人間は、猿に退化する。

幸区交差点BBS
ぜひ書き込んでください!
情報や、個人的な思いなど、お寄せください。