高田小学校の歴史

明治5年4月
興禅寺本堂で、興国亮淵が村の子弟など集め、単語、習字など指導した
明治7年8月1日
興禅寺の一室を借り受け「高田学舎」開始。生徒約60名
明治9年12月18日
公立高田小学校誕生
明治12年3月30日
高田1799番地に校舎新築。校舎29坪 敷地103.5坪
明治22年3月
市町村制実施。吉田村、新羽村、高田村は合併し「新田村」に。
明治25年4月1日
「村立尋常高田小学校」に改称
明治39年2月19日
「新田村立高田農業補習学校」付設
明治40年3月20日
小学校は6ヵ年に延長
大正12年4月1日
「高田尋常小学校」と改称
昭和7年4月1日
「新田尋常小学校高田分教場」となる。高田はこれを不満として陳情。
昭和25年2月10日
「横浜市立高田小学校」として独立。校舎は安立電機株式会社建物を13万円で買収、移築。
昭和43年4月10日
鉄筋3階建て教室完成
昭和49年4月1日
高田東小学校開校;児童数514名

一言
小学校で学んだ記憶はあるのですが、さすがに忘れてしまっていました。
少子化という逆境がありますが、あと100年くらいは頑張れるでしょう。
でも、建物はどうなのかな。全面改築はあるでしょうか。